七宝(しっぽう)

七宝柄の繭玉飾りの良いところは、木目込む生地の色や風合いで色んな表情を見せるところです。

一個ではなく、数個作ることで、面白く飾ることができます。

そうなると、型紙が必要になります。

今回は、4つ割りですから、型紙作りは簡単です。

四角のクリアファイルに円周の四分の一の長さの直径を持つ円を切り抜きます。

ちょっとしたアイデアですが、上の写真のように、基準点に差し込むピン穴を作ると綺麗な円が書けます。このピン穴は、ピンを差し込んで作ります。あんまりゆるゆるの穴を開けると、作図のとき、苦労しますよ。

図のように、下の方に、方向確認と固定用の穴を開けます。この穴は少し大きめが良いです。小さいと、我々熟年には見づらいですから。

虫ピンは百均ショップに売っています。私はこんな感じのものを使っていますが、もう完璧に必需品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です