作りやすい型紙

前回は、肝(キモ)ということで、足早に基本を説明しましたが、私が半年かかって学習した内容ですから、判りづらいはずです。

でも、ご安心ください。今は「投稿」欄に、思いつくまま書き綴っていますが、後日、固定ページに「作り方詳細」として別掲します。
暫くはこのまま、続けさせてください。
今日は、椿柄のデザイン球を作ってみました。椿柄は、大変人気があり、息が長いデザインのひとつです。
椿柄では、分割は必要ありません。一個だけ作るのなら、球に直接、デザインを描きこんでもいいでしょう。
ただし、布を木目込むのですから、細かな柄を描きこむのは要注意です。
布を木目込むときに苦労します。
私の場合、商品としてのデザイン球を作るということで、同じデザインを数多く作る必要性から、型紙を作りました。


型紙作りには、ちょっとした工夫が必要です。
球体上に、葉っぱや花の位置を確実に決めないといけないので、写真のように花びらを何枚かの型紙に分けて描いたり、
葉っぱの位置をうまく表現したりしないといけません。
皆様が作る際は、その付近を、頑張って工夫してみてください。
それから、ボールペンで発泡スチロールに線を描くのは結構、難易度高いです。
まず、ボールペン選びもマストで、出来れば、パイロットのHI-TECシリーズが良いです。
発泡スチロールへの乗りがいいです。私は、ペンのサイズにも拘って、0.4ミリを使っています。
また、描くときには、薬指を上手く使って、ペンの筆圧を調整してください。
気持ちとして、「書く」というよりは、発砲スチロール上にペンを滑らせるようにして描いてください。
筆圧が強すぎると、発砲スチロールに食い込んでしまって、うまく描けないばかりか、球に傷を付けてしまいます。
慣れるまでは、不要な発泡スチロール板などでうまく描けるように練習するといいです。

今日はここまでです。GOOD NIGHT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です